トレンドのトレンドをわかることが大事です。

Insight From a Place of Crisis: Bitcoin as an Agent of Change

Insight From a Place of Crisis: Bitcoin as an Agent of Change

Delving into bitcoin can take guts — and not just the type of bravado needed to embrace crypto speculation. Sometimes standing up for bitcoin also means standing up for your homeland and fellow citizens, in search of a better way.

The latter display of bravery is embedded in the recently launched Let’s Talk Bitcoin! podcast #370 hosted by Adam B. Levine, Stephanie Murphy and Jonathan Mohan. That’s where LTB correspondent Christian Garcia steps up with a report from a country in crisis, reminding listeners about the world-altering dimensions of bitcoin that are separate from investing.

Panic in Venezuela

Garcia’s story is rooted in his home country of Venezuela, which has been getting plenty of bad PR over the last several years. This nation on South America’s northern coast has become synonymous with the phrase economic crisis, battering the vast majority of its 31,000,000+ citizens with hyperinflation, economic depression, shortages of all kinds, unemployment, poverty, disease, child mortality, malnutrition and crime.

Note the “vast majority” qualifier above, placed there because rampant corruption is helping to fuel all these horrors. For those lucky enough to still be in the middle class or higher, and/or on the take with the oppressive government of President Nicolás Maduro, life can be just fine.

Creative ways of moving illicit money has become a hallmark of Venezuelan rule, a practice whose origins long predate Maduro’s administration, fueled in recent history by the 20th century discovery of oil there. A nauseating cycle of boom-and-bust followed for the Venezuelan people, who were sometimes helped but mostly hurt by the government’s attempts to stabilize the economy.

In the LTB podcast, Garcia provides a riveting, first-hand perspective on the destructive consequences of these policies. Here, he describes a tantalizing opportunity offered to him in 2012 when he was a second-year student in college: a chance to study in Dublin for free. “The plane ticket, the English course, the stay: all of that would have been paid for. We’d even be getting a small allowance to pay for part of the living expenses … The more we talked about it, the more I was convinced it was a great idea.”

Garcia began to dream of Dublin, even as he kept his eyes peeled for the catch. And, of course, there was one, albeit well-concealed from the naked eye: The student trips were actually just one more way for schemers to get their hands on the black market dollars that sprang from travel subsidies offered to Venezuelans by the National Center for Foreign Commerce, or CADIVI (now known as CENCOEX), the governmental body which oversees legal currency exchange there.

The scam’s machinations are laid out in Garcia’s report, culminating in both good news and bad news. While Garcia himself avoided the trap by ultimately deciding not to go to Dublin, many of his compatriots were not so lucky.

“This kind of policymaking is not sustainable,” he explains. “In 2014, the government’s cash cow was finally running dry, and they decided to pull the plug on many subsidies from CAVIDI … The Piñata times were finally over. The credit cards of Venezuelan students all over the world suddenly stopped working.” Students in Dublin were literally rendered homeless and stranded, unable to afford their housing, courses or food, while their families lacked funds to buy them a plane ticket out of Ireland.

Crypto’s Positive Impact

Hearing a story of injustice like this, it’s reasonable to want to reach out to Venezuelans by sending money to friends and family in need or donating to a local outpost of a trusted charity there, like Amnesty International or the Red Cross. But as much as Garcia sees the need for financial aid, it’s actually not an action he’d encourage right now.

The reason? Venezuela’s crooked government still has easy access to the foreign currency that comes in via the official exchange system, exchanging dollars at a bad rate for domestic Bolívars. “You might as well light your money on fire,” he says. Hundreds of billions of dollars may have gone missing as a result.

It’s depressing, but there’s an emerging bright side to these oil-soaked economics: Venezuelans can get around the official exchange system with cryptocurrency. The bitcoin tips that Garcia receives for his correspondence is just one example.

“Every time you send crypto to someone in Venezuela, you are bypassing a system that’s designed to steal from us,” says Garcia. “Cryptocurrencies aren’t as widespread in Venezuela as I’d like, not yet, but imagine if you could finance an NGO in Venezuela directly. That, for me, is the single best feature of cryptocurrencies.”

Fortunes large and small have been made — and lost — with cryptocurrency so far. In the race to reach dizzying heights, Garcia’s report is a welcome reminder of bitcoin’s power to level the financial playing field. It’s what makes cryptocurrency a true currency of change.

This article originally appeared on Bitcoin Magazine.

 

Mt. Gox Creditors May Be Reimbursed in Bitcoin Under Civil Rehabilitation

Mt. Gox Creditors to Be Reimbursed in Bitcoin Under Civil Rehabilitation

The Japan-based Mt. Gox exchange had its bankruptcy stayed due to a petition filed by some of the creditors for the commencement of civil rehabilitation proceedings in Tokyo District Court on November 24, 2017, and heard today, June 22, 2018.

Mt. Gox was forced into criminal bankruptcy after more than $473 million in bitcoin was stolen from the exchange in 2014. This latest petition filed by the creditors provides for more options on how they can be reimbursed.

At issue primarily is the exchange rate of bitcoin at the time of the hack, approximately $480 per bitcoin. By staying in criminal bankruptcy, the creditors would have been paid back at the exchange rate at the time of the filing; but bitcoin has risen in value significantly since then, trading at over $6,100 per bitcoin today. This change means that creditors could be paid in terms of the amount of bitcoin lost and not the value of the bitcoin at the time of the loss: a significant difference.

Attorney Nobuaki Kobayashi will act as the civil rehabilitation trustee, but he is not without his own controversy. Kobayashi is responsible for selling large amounts of bitcoin to pay off the exchange’s JPY liabilities; those sales also coincided with dramatic drops in the price of bitcoin.

In the filing, Kobayashi said, “The power and authority to administer and dispose of MTGOX’s assets is still vested exclusively in me, and I will implement the civil rehabilitation proceedings, including the administration of MTGOX’s assets and the investigation of claims, subject to the Tokyo District Court’s supervision.”

Cryptoground continues to monitor the Mt. Gox wallets, which are currently worth nearly a billion dollars, but, as stated in the Tokyo District Court administration order, Mt. Gox’s representative has lost the right to administer and dispose of Mt. Gox’s assets. According to the filing, the proceedings will likely begin in February 2019.

Interested creditors must file a proof-of-claim form by October 22, 2018, even those who filed a claim during the criminal bankruptcy. For any creditors that missed filing during the criminal bankruptcy, this is a new window of opportunity to file. The details can be found in this document on the Mt. Gox website.

This article originally appeared on Bitcoin Magazine.

 

ミラノ ZARA オムニチャネル型コンセプトショップみてきました。まあ、あかんな。あれじや。

cof

 

メンズの横に展開してました。ワンフロアのみ。まあ、入店客は入るんですが、ほんの数秒で出てくるイメージですかね。スマホを使ってる人はゼロですかね。男女セットのスタッフが四組以上いましたが何をすることなく。というのでした。まあ続かんでしょう。

 

ゴールドマンは仮想通貨デリバティブ取引参入を検討 ビットコイン(BTC)週末戦略

ゴールドマンは仮想通貨デリバティブ取引参入を検討 ビットコイン(BTC)週末戦略

今週、ゴールドマン・サックスから仮想通貨のデリバティブ取引について報道がされたようです。

トランプ大統領誕生後、ボルカールールの緩和を着手したため、仮想通貨のデリバティブ取引が参入障壁が低くなっているのでしょう。

これは業界にとっては追い風です。

レバレッジ系取引が盛んになりますので流動性が向上に一躍を担います。

中長期目線ですが、JPモルガンなども必ず参入してくるでしょうし、ビットコイン(BTC)先物やイーサリアム(ETH)先物の活性に間違いなくつながるはずです。

また米国のテザー社での疑惑が晴れております。

USDTを発行する米ドルペッグの仮想通貨の担保資金25.5億ドルが確認できたことになります。

これにより、ペッグを証明する担保金があることが正式に認められたということになります。これもかなりポジティブな材料でしょう。

米国内の仮想通貨ファンダメンタルズは良好です。今後の動向に期待できそうです。

ビットコイン(BTC)円4時間足

ビットコイン(BTC)円4時間足

出典:DMM Bitcoin

ビットコイン(BTC)4時間足から分析していきます。

トレンドラインに現在位置しておりまして、ここで割り込むか、反発するかで今後の値動きにかなり差異がでそうです。

割り込んだ場合は、また上値トライのタイミングを失うこととなり、おそらく四角で囲んだあたりで推移をすると思います。週末はレンジ相場となるでしょう。

逆にここのトレンドラインを反発すれば75万円、または76.5万円に引けるであろうレジスタンスラインを上抜けると上昇にはずみはつくでしょう。ターゲットは80万円ではないでしょうか。

個人的にも先程打診買いをしてみました。

下落したら押し目買いを狙います。

ただし、RCIの形状は3本とも下方向を向き始めておりまして、ポジションを取るタイミングとしてはあまり良くありません。

ですので、買い下がる方向で少しずつという戦略です。

ビットコイン(BTC)日足分析

ビットコイン(BTC)日足分析

出典:DMM Bitcoin

日足に拡大をしてみましょう。

こちらのRCI52は売られすぎ水準で推移をしております。細かい数値を申し上げますと-91〜92前後です。

−80のラインを上抜けてきますと、上昇が加速しやすい傾向がありますので日足ベースでは上昇のタイミングを模索する期間となります。

ポジティブな材料が市場に投下されれば上昇トレンドが継続しやすくなるでしょう。

RCI26は下方向に推移をしておりますが、上昇に向くなら少し小さな押し目があったほうがよいかもしれません。

4時間足と日足を2つ考慮してじっくりと買い下がる展開で週末は考えたいと思います。

※記事を執筆している最中に、金融庁からの仮想通貨取引所各社に業務改善命令が正式に通達されました。今週末の戦略は70万円にまで今一度押し込まれそうです。

関連:ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

 

リップル(XRP)は通貨確定? 米財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)との司法取引が証券ではないと証明か

リップル(XRP)は通貨確定? 米財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)との司法取引が証券ではないと証明か

仮想通貨リップル(XRP)はすでに、米財務省から証券ではなく通貨として認知されているので、証券取引員会(SEC)も最終的に追随するのではないかという議論が持ち上がっている。

SECはこのほど、ビットコイン(BTC)に次いでイーサリアム(ETH)も証券とは見なさないと発表した。並行して、時価総額第3位のリップル(XRP)の扱いがどうなるか、市場は大きな関心を示している。財務省の法執行機関である金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)が、すでに2015年に通貨として扱ったことが明らかになったからだ。

15年5月に罰金45万ドルで和解成立:リップル(XRP)をネットワーク通貨と認める

FinCENは2015年、Ripple Labsとその子会社XRP IIに対して、70万ドル(日本円約7700万円)の罰金を命じた。容疑はFinCENに登録せずに、マネーサービス事業(MSB)を営み、リップル(XRP)を販売したことによる銀行秘密保護法(BSA)違反でなどだった。同社はまた、有効なマネーロンダリング(資金洗浄)防止(AML)プログラムを実装しなかった罪も問われた。

この民事裁判は15年5月5日、罰金45万ドル(日本円約5000万円)で和解契約に至り、同時に「リップル(XRP)として知られるRippleネットワークの通貨」として、リップル(XRP)の取引継続が認められた。

Ripple Labsはその際、将来の取引を監視するRippleプロトコルの強化を求められた。カリフォルニア州北部地区検事局のメリンダ・ハーグ判事はこの和解について、デジタル通貨の世界の「業界標準」になるよう希望すると語った。

FinCENは、米国の金融システムが不法行為によって悪用されないよう保護することを業務としている。対象となる不法行為は、重大な詐欺行為、第三者マネーロンダリング、国境を越えた組織犯罪、セキュリティ上の脅威、サーバー脅威など。

連邦政府は司法取引による和解契約に拘束、Twitterでも議論

企業家でリップル(XRP)ウォレットの持ち主であるリチャード・ホーランド氏は、18年6月16-17日にかけてTwitterで、次のように主張している。

「FinCENはすでにRipple社と和解契約を結び、リップル(XRP)の販売継続を認めている。リップル(XRP)が未登録証券ということになれば、FinCENは未登録証券の販売を許す契約を結んだ理由を説明しなくてはならない」

「FinCENが合意した内容は、リップル(XRP)は通貨であり、証券ではないという、紛れもない事実である」

ホーランド氏は結論として、「彼ら(関係者)はすでに、和解の合意事項に従って、リップル(XRP)は通貨であるとの立場で連邦政府を制約している。あるものが同時に通貨であり証券であることはかなわない。FinCENの管轄権の問題だが、政府全体を強制するFinCENの能力に影響を与えるものではない」と主張している。

「先例」は法律や規制を制約する重要な要因?

「先例」が法律や規制の重要な要因であることは、だれも否定できない。Rippleのブラッド・ガーリングハウス最高経営責任者(CEO)はCNBCのインタビューで、「XRPが証券か否かの問題は、1つの訴訟で決まるものではない。SECはその統括者である。私は、リップル(XRP)が証券ではないと明言する。リップル(XRP)は、Rippleという会社とは独立して存在する。Rippleという会社が明日にも閉鎖しても、リップル(XRP)は存在し続ける」と語った。

Rippleのチーフ・マーケット・ストラテジストであるコリー・ジョンソン氏は、Rippleは絶対に証券ではないと述べ、「Ripple は、法廷の歴史に基づく証券の基準を満たさない」と語った。

※日本円換算は記事公開時点のレート

(フリージャーナリスト、大手マスコミOB記者:長瀬雄壱)

▼関連:イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)を証券と見なす動きが強まる、発行両者は猛反発

▼参考:
BITCOIN NEWS
FinCEN.gov

 

モバイル決済企業Square(スクエア)、ビットライセンス取得! 7番目の事業者に

モバイル決済企業Square(スクエア)、ビットライセンス取得! 7番目の事業者に

Square(スクエア)は6月19日にニューヨーク金融サービス局(DFS)からビットライセンス(仮想通貨事業を行う為の免許)を取得したと発表した。(DFSの公表は前日)これによってスクエアと同社のアプリ「Cash App」は合法的に仮想通貨事業をニューヨークで行うことが可能になる。

参考:DFS GRANTS VIRTUAL CURRENCY LICENSE TO SQUARE, INC.

スクエアは2010年に創業されたモバイル決済企業だ。サンフランシスコを拠点とし、TwitterのCEOでもあるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏とジム・マッケルベイ(Jim McKelvey)氏が指揮をとってきた。

昨年11月には一部の顧客に対してアプリ内でビットコイン(BTC)の売買機能を提供すると発表した。そこから数カ月が経過した今年2月、ビットコイン(BTC)サービスを全ての顧客に提供する決断をした。

今年5月に報じられたニュースによると、スクエアは仮想通貨関連サービスによって時価総額を80億ドル(日本円約8800億円)伸ばしたとされている。そして、今回同社はDFSからビットライセンスを獲得した。

「DFSはスクエアの申請を認可できること、また彼らをニューヨークの成長中かつしっかりと規制された仮想通貨市場に迎え入れられることを嬉しく思う。」

とDFSのMaria T. Vullo氏は16日に出された声明にて発言した。

「私たちは活気に満ちた競争的な仮想通貨市場をこれからも引き続きサポートし、ニューヨーカーとグローバルな市場をつなげていく一方で、州の規制がしっかりと行われるように監督して行く」

DFSはスクエアのビジネスモデルが顧客確認(KYC)や反資金洗浄法(AML)、サイバーセキュリティポリシーなどに準拠していることを確認したとし、今後同局の監督下に置かれることを強調した。現在サークル(Circle)、コインベース(Coinbase)、XRP II(リップル子会社)、bitFlyer USA(bitFlyerアメリカ子会社)、ザポ(Xapo)、Genesis Global Tradingがビットライセンスを取得しており、スクエアは7社目に当たる。

同社のCash Appの代表、Brian Grassadonia氏は「我々はCash Appを使ってニューヨーカーにビットコイン(BTC)を手軽に売買する機会を提供できることにドキドキしている」とコメントした。

「スクエアとDFSは人々が金融システムにアクセスしやすくなるようなビジョンを共有しており、今日のニュースはその目標を実現するための重要なステップである」

スクエアはこれまで仮想通貨購入の選択肢が少なかったニューヨークで人々と仮想通貨を繋ぐ架け橋となることが期待されている。

※日本円換算は記事公開時点のレート

▼関連:ニューヨーク州:仮想通貨ハブを目指しブロックチェーンセンター建設を計画

▼参考:
Bitcoin.com
The Washington Post

 

グッドラックスリー井上和久社長×シバタナオキ氏対談、ブロックチェーンはエンターテインメントを何に進化させる?

グッドラックスリー井上和久社長×シバタナオキ氏対談、ブロックチェーンはエンターテインメントを何に進化させる?

仮想通貨だけでなく、人々の生活を大きく変えると期待されているブロックチェーン技術。その技術を用いた“ブロックチェーンプロダクト”は、コンテンツ・エンターテインメントの世界で無視できない存在になってきている。

福岡でブロックチェーンゲーム・コンテンツの開発を手がける「グッドラックスリー」の井上和久社長と、東京大学工学部研究室の同期で「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」著者のシバタナオキ氏の2人に「ブロックチェーンプロダクト」について伺った。今回はその対談をお届けする。
(文・編集:コインチョイス編集部)

『クリプトキティ(CryptoKitties)』がゲームを変える?

『クリプトキティ(CryptoKitties)』がゲームを変える?

※CryptoKitties公式サイトより

2017年11月リリースで、ブロックチェーンゲームで最初に流行ったとされるゲーム。

イーサリアム(ETH)で仮想猫の売買や交配が行える。運営元は、直売の仮想猫販売や、ユーザー同士の売買・猫の交配の際に手数料を徴収してマネタイズしている。

━━ブロックチェーンゲームの先駆け的存在「クリプトキティ(CryptoKitties)についての考えをお聞かせください。

井上和久氏決済利用か取引所での売買が基本だった仮想通貨が、ゲームでも使われてきているのが面白いです。

シバタナオキ氏手数料の徴収以外では、仮想猫の交配などもブロックチェーンを使っているんですか?

井上そうです。仮想猫のデータがブロックチェーン上にあるので、運営元以外でも仮想猫の取引が可能です。世界に一つしかない固有のものというのを、ブロックチェーン上に記録していくことで証明できるんです。

シバタブロックチェーンのどこにあるかで位置特定できるのは面白いですね。イメージ的には、あるゲームの中の自分のキャラクターを持ち出して他のゲームに使えるという訳ですね。クリプトキティってどれぐらい流行っていますか?

井上 2017年12月12日時点のデータで約15万人が遊んで、15億円以上の取引量がありました。1000万円以上の値がついた猫もいて話題になりました。

シバタ始まったばかりなのにかなり大きな金額が動いてますね。既存のゲームでも、こういう仕組みがあると面白いです。

井上拡張性があるのが面白いです。スマートフォンゲームは、運営が機能を拡張していきます。けれどブロックチェーンゲームでは、運営の予期せぬ拡張が生まれる可能性があり、そういった場合に、どのように対応してくかは課題です。(拡張を)推奨していくのか、制限するのか、運営次第です。

シバタ歴史的に見ると、自分たちの世界や権利、既得権を守った順から衰退していきますよね。その範囲をどこまでにするかが大切です。オープン化の波には勝てないと思いますが。

井上ブロックチェーンゲームの特徴として、データが資産化されるメリットがあります。ゲームの提供が終了してもブロックチェーン上にアイテムやキャラクターを残すことが可能です。

シバタゲームの中のキャラクターがゲームそのものと分離できるってことですよね。

井上従来のゲームはプラットホームやゲーム内限定ですが、ブロックチェーンゲームでは、ゲームを飛び出た広い範囲で使うことのできるイーサリアム(ETH)に変化させられます。ゲームで遊ぶことでイーサリアム(ETH)を増やせる。ブロックチェーンゲームはユーザーのニーズに答え、世界を豊かにすることが出来ると思います。

シバタ個人的にはキャラクターが永続的に残ること、ポータブルになること、この2点にすごく大きな可能性を感じます。

井上予想以上のエンタメを生むと思っています。グッドラックスリーで開発し、リリースしている3Dキャラクター「くりぷ豚(とん)」も、イーサリアムを使う育成系ブロックチェーンゲームです。ユーザーには、キャラクターの可愛さや、3京6000兆通りの多様な豚が生み出され、そのオリジナル豚同士をユーザー間でお見合いや売買できるところがウケています。これから拡張要素として、育てた豚を使った様々なミニゲームの開発を予定しています。より多くの人にこういうゲーム体験、エンターテイメント体験をして欲しいなって思っています。

一番流行っているクリプトキティでさえDAU(1日に遊んでいる人数)1000人ぐらいです。それで、億単位の流通はあるのですが、現状はコアな人たちだけが遊んでいます。私達は、ブロックチェーンゲームや仮想通貨に詳しくない人にも広めたいと思っていて、くりぷ豚ではチュートリアルを漫画にしたり、ユーザーインターフェースを出来るだけ分かりやすくする等の取り組みをしています。

シバタブロックチェーンを使って管理する話と、仮想通貨で売買できる話を分けたほうがいいと思います。ブロックチェーンを使ってキャラクターの移動を可能にする話は、とても良い。でも、それを仮想通貨と言った瞬間に関心がある人が急に減ってしまいます。イーサリアム(ETH)を持っている人は法定通貨を持っている人に比べたらずっと小さいので、この2つの論点を分けたほうが裾野が広がるし、結果として市場が賑わうと思います。

メディアの新ビジネスモデル『steemit(スティーミット)』

メディアの新ビジネスモデル『steemit(スティーミット)』

※steemit公式サイトより

steemit内に投稿された記事の作成者と評価者に仮想通貨が分配されるブログメディアサービス。ブロックチェーン技術を活用しており、steemit上で獲得したトークンは外部の取引所で売買可能。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といった仮想通貨と交換することが出来る。広告以外の方法でブログの収益化を実現したビジネスモデル。

━━ブログサービス分野では新しいビジネスモデル、steemit(スティーミット)が話題ですね。

井上今までのメディアでは広告やアフィリエイト収入と読者が払って書き手がもらうシステムが一般的でした。Steemitでは書き手、評価した人、コメントした人も収入が得られます。しかし、「じゃあ、誰が払ってるんだ?」という疑問が生まれます。

シバタ誰が払ってるんですか?

井上トークンエコノミーという仕組みを利用しています。例えばブログを書いた人、コメントをした人、いいねをした人のメディア活動を労働とみなしてトークンを発行します。この定義をソーシャルマイニングと呼んでいます。トークンの価値が、その労働(メディア活動)によって担保されています。

シバタ steemitが発行するトークンは、どうやって価値が決まるんですか? 他の仮想通貨や法定通貨と取引するときはどうなりますか?

井上取引所で取引します。ビットコイン(BTC)の価値はマイニングが担保していますよね。マシンを買ってハッシュ計算して、その電気代等が価値の裏付けになっています。それに匹敵するのが、ブログの記事を書くことや評価することやコメントする行為になっています。

シバタ人類が起きている時間は有限だから、その限られた時間の中で行われた労働(メディア活動)がsteemitのトークンの価値になると。マイニングとは違う観点で有限性が担保されてるって、結構面白いですね。

井上ビットコイン(BTC)は世界の消費電力の0.6%を占めていて、アルゼンチンの消費電力に匹敵していると言われています。それってエコじゃないなと感じていました。直感的ですが、ビットコイン(BTC)のマイニングほど電力はかからないメディア活動の方が、世界のエコシステムに合っている気がします。

シバタ何をもって有限性を担保するかという話で、ビットコイン(BTC)の方は電力の生産量で担保しています。電力の生産量はなかなか増やせません。steemitは人間の活動時間は増やせないというところで、有限性を担保しています。どちらがいいというのは難しいです。「電気を使ったほうがエコ」の考え方もあれば、「人間の限りある時間をメディア活動ばかりに費やすのは効率的じゃない」みたいに疑問に思う人もいると思います。

井上 steemitはビジネスモデルの新しい形だと思います。今価値が認められていないものに、価値を見出しています。価値が小さくて、ビジネスとして成り立たなかったものをすくい上げていると感じています。

YouTuberを例にします。YouTubeの広告収入がお金になるレベルは10万再生以上で、数十万越えないとお金がもらえません。YouTubeで稼ぐというのはなかなか難しいです。steemitは始めたその日からメディア活動によってトークンがもらえるので、数円という小ささではあるけど、価値を認めていく。数円も繰り返せば、数千円になりますよね。

シバタなるほど。おっしゃることはよくわかります。どれぐらいユーザーがいるんですか。

井上DAUベースで約6万人です。登録アカウント数は約90万人で、累計投稿数はコメントを除いて870万以上もあります。steemitのトークンはコインマーケットキャップでの時価総額が717億円あります。一大メディアですね。

トークンエコノミーという観点では、最も成功しているもののひとつです。3月のトップランカーの方は1ヶ月で2200万円ぐらいの収益を得ていました。Steemitは、いいねを押した人・コメント入れたものに応じてトークンを配布するモデルです。ユーザーが知って良かったなど、広告っぽくない、商業的ではない記事が評価されやすいなと思います。ユーザーにとってより価値のある良質な記事を評価しましょうというシステムも作り出しているところが素敵ですね。

シバタ一方でこのsteemitが発行しているコインの価値の総額が700億円もあるというのは、逆に怖い気もします。何をもって700億円としているのか……。

井上 steemitのコインを使った用途が増えてくると価値を担保しやすくはなるかなと思います。今も一部何か買えたりしますが、なんでも買えるというレベルではないですね。

シバタ人類の活動時間の総和が有限だっていうところに価値を見出してトークンを発行しているというのがすごく賢いです。仮想通貨を得るには、法定通貨で仮想通貨を買うか、法定通貨を投資してマイニングするしかありませんでした。それが、ある意味自分の時間を投資することでこのsteemitのトークンがもらえるわけですよね。

井上そこが面白いんですよ。

シバタ労働を仮想通貨に変えることができる唯一の手段ということですよね。steemit以外の仮想通貨は労働(人間の有限な時間を使った活動)を仮想通貨に変換できません。法定通貨を持って仮想通貨を買うか、あるいは採掘する(マイニングする)かしかできなかった。初めて人間が物理的な時間と労力を使って仮想通貨を得られるって意味では新しいですね。

井上メディアやエンタテインメント領域の人と面白いですねって話をしていたら、ウチもやりたいって声が多いです。steemitのトークンエコノミーの仕組みを作るのは結構なエンジニアリング力がいるので、グッドラックスリーでその仕組みを作って、メディアに限らず導入していきましょうって構想が弊社の「LuckyMe(ラッキーミー)」です。このLuckyMeの仕組みを、広告だけのマネタイズに頼っているメディアに入れて、コミュニティを盛り上げたり、価値をしっかり収益として形にするきっかけになれば良いなと。

シバタさんが指摘した700億円の価値って、どう担保されているの?という話は重要です。ソーシャルマイニングだけを担保にするのではなく、他にも用途があったほうがいいです。そこは僕らはエンタテインメントの仕事でブロックチェーンゲームなどを作っているので、そこで使用できるように検討しています。横の繋がりを進める事業展開を考えています。

そして、ブロックチェーンゲームで課題になっているのが、決済スピードの問題です。

シバタ今の所実用化されている範囲で言うと、リップル(XRP)以外は無理じゃないですかね。

井上リップル(XRP)は中央での管理も入れることで決済スピードの問題をクリアしていますし、今様々なテクノロジーが出てきていますが、弊社も決済スピードの問題をクリアする工夫を入れていきます。

シバタ本質的に分散処理をするということと、決済のように数秒単位でトランザクションが走らなきゃいけないときは分散というコンセプトと矛盾しますよね。

井上決済スピードの問題が解決されれば、色んなゲームで使いたいよってニーズも出てくると思います。

シバタ全部をブロックチェーンに載せる必要はないと思います。クリプトキティで、仮想猫がブロックチェーンで管理されているのはものすごく意味があると思うし、それによってキャラクターやアイテムを別ゲームへ持ち出しが可能になるのが魅力的です。でも、それとイーサリアム(ETH)が交換出来て資産形成が出来るというのは、独立した話です。

井上ユーザーにとって価値があったり便利なものを、僕ら自身もユーザー目線で作っています。

なにがブロックチェーンプロダクトの起爆剤になるか

なにがブロックチェーンプロダクトの起爆剤になるか

シバタ一番面白いと思ったのはゲームの中のキャラクターのポータビリティを上げるという発想です。例えば「ぐでたま」(※グットラックスリーで配信中のアプリゲーム「さわって!ぐでたま」のこと)で育てたキャラを他のゲームに持ち込めるみたいに。

ただ、クリプトキティやsteemitがこのままの形で流行るかというと、むずかしいと思います。エンタメに関しては、強烈なコンテンツが必要です。

例えばプレイステーションを売るときに、ファイナルファンタジーがあったからプレイステーションを買うって人がかなりいました。ファイナルファンタジーのようなキラーコンテンツがクリプトキティかというと、多分違います。みんなが知っているものを持ってくることが大切なのではないでしょうか。

井上いずれ、みんなが知っているコンテンツがブロックチェーンプロダクトに来ると思っています。一方で今は黎明期、プラットホームに最適なコンテンツが立ち上がる時期でもあるので、両方チャレンジしたいです。

仮想通貨に触れるきっかけがくりぷ豚だったとなると嬉しいです。ゲームは何か新しい世界に触れるときのハードルを下げてくれます。仮想通貨と言われると人によっては怖くなってしまうけど、くりぷ豚ならちょっとやってみるか、みたいになったら良いですね。

シバタおっしゃる通りだと思います。あとは仮想通貨感をゲームの中で出さないことです。ゲームの中に「ETH」などは使わないほうが良いと思います。普通の人は「ETH」がわかりません。例えば0.0039ETHと言われても普通の人は計算できないと思うので、何か別の形に言い方変えたほうがいいかもしれません。

敷居を下げるという意味では、普通の人はレートで0.00xxxのような数字を見たらびっくりします。だって日本人で一番小さい単位は1円で、小数点になることはないので。

steemitのように労働の対価でトークンが稼げるというのを強調していくのはありだと思います。これから色んな意味で働き方が変わって副業が重視されます。そうすると昔は正社員で、1日8時間フルタイムで正社員で働くしかなかったものが、どんどん細切れになっていく。例えばフリーランスで3つの会社と仕事をしてますよって人がどんどん増えていく。それがもっと細分化されていくと、プロジェクト10個やってますみたいな人がもっとたくさん増える。凄く小さい時間でのコミットメントをきちんと正確に記録して、それに対して報酬が支払われる仕組みは良いものだと思います。

steemitの本質はメディアであることではなくて、労働をトークンに替える仕組みです。たまたまメディアってプラットホームで行われたのがsteemitってだけだったんですね。

※対談企画グッドラックスリー
コインチョイス編集部はそのやり取りを取材・編集した。

▼関連
仮想通貨イーサリアムで取引可能:Dapps活用のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」

▼参考
Cryptokitties
steemit

▼協力
株式会社グッドラックスリー
シバタナオキ:決算が読めるようになるノート

 

米FDIC元会長「仮想通貨には新たな規制枠が必要」

米連邦預金保険公社(FDIC)の元会長であるSheila Bair氏は、仮想通貨には新たな規制のフレームワークを設けるべきだと主張している。今週木曜日、ニューヨークで開かれたカンファレンス「Future of Fintech」に登壇した同氏は、既存の金融のルールを仮想通貨にあてはめるやり方に疑問を投げかけた。

FDICは1933年のグラス・スティーガル法によって設立され、銀行が破綻した際に預金者の現金を一部保証する公的保険機関だ。FDICに加盟する銀行が破綻した場合、預金者に対して最大で10万ドルまでの預金が保証される。日本でも預金保険機構が、最大で1000万円まで預金を保証している。

Bair氏は、カンファレンスで仮想通貨に対する規制方針を以下のように語った。

「我々は仮想通貨の取引を既存の送金業法にあてはめた規制を試みていますが、うまく機能していません。おそらく将来的に仮想通貨の取引を規制する連邦法が必要になるでしょう。仮想通貨の中には証券として扱われるべきものもあり、棲み分けて規制されるべきです」

仮想通貨が台頭してきた要因のひとつとして銀行のオペレーションの問題点をBair氏は挙げている。銀行は連邦準備銀行(FRB)から預金に対する利子を1.95%受け取っているが、個人口座預金に対しては0.01%の利子しか支払っていない。「多くの人が銀行口座維持に係る手数料を嫌っており、銀行間取引に支払う手数料も快く思っていない現状があります」

銀行が危機に陥るたびに救済してきたBair氏は、銀行の問題点と対比し仮想通貨には利用料が低いなどの有用性があると考えているようだ。同氏は金融機関が仮想通貨を導入せざるを得ない状況が来るかもしれないと予想している。

FRBが発行するデジタル通貨Fed Coinの発行についても、Bair氏は前向きに検討している。Fed Coinを発行する事により、連邦準備制度理事会(FRB)は貨幣の供給コントロールを直接行うことができるようになり、金融政策もより効果的になると述べた。


Coindesk