トレンドのトレンドをわかることが大事です。

1000万人以上が利用しているCoinBaseにXRP追加を求め2万3千人が署名!噂がついに現実に? | ビットコイン谷

リップル高騰に繋がる好材料が見つかりました! 米最大手取引所 Coinbaseにリップル(XRP)追加を求め2万3千人が署名。 2017年7月に開始したCoinbaseへのリップル(XRP)追加を求める署名活動は、ここ数日で急激に加速している。 32か国で1000万人以上が利用している海外
— Read on bitcoin-valley.com/news/ripple-coinbaseadd/

1000万も利用してるんだ。

 

<現役愛人が説く経済学24>愛人バンクに登録している女は、男の何を見ているのか

 こんにちは。東條才子と申します。どこにでもいるアラサーOLですが、「愛人業」をビジネスとして展開し、常時4~5名の富裕層とお付き合いをしております。  ホステスクラブ、キャバクラなど、さまざまな場所で愛人契約を取ろうと […]
 

アイルランドの大手デベロッパーがビットコインを受け付ける

アイルランドの最も大きな住宅デベロッパーがビットコインを受け付けるプランを計画している。

Ballyclare-based Hagan Homesはアイルランドで最も大きな住宅デベロッパーであり、ビットコインを初めて導入する。

同社のマネージングディレクターは『ビットコインは革新的な新しい支払い方法であり、本質的に新しい種類のお金です。 これは現金取引と非常によく似ています。世界的にビットコインの利用が大幅に拡大し、この新たなチャネルの受け入れは、市場への対応意欲を反映しています。』と話している。

ビットコインを受け付けることで世界中の不動産投資家にアピールできるチャンスとなりそうだ。

Bitcoin Real Estate:世界中の不動産をビットコイン、ライトコイン、イーサリアムなどの暗号通貨で購入できる

ラグジュアリー市場に広がるビットコイン支払い。米ヨットディーラーがビットコイン決済を受付。

ラグジュアリー市場はビットコインフレンドリーになりつつある?

ビットコイナー、ランボルギーニを買う

参考元
belfasttelegraph.co.uk

 

WORLD WIFI:売れ残ったトークンはBURNされ、チームは一定トークンを凍結する

WORLD WIFIプロジェクトは無料でWIFIを利用できるシステムを構築することを目標としている。

トークンモデルとしてはルーター所有者はWorld Wi-Fiトークン(WT)を報酬として受け取り、WIFI利用者は短い動画を見れば無料でネットワーク接続ができるというものだ。

現在プレセールを行なっているが、セール全体で売れ残ったトークンはBURNされる。さらに運営側が売り抜けることができないように運営側が所有するトークンは一定期間凍結されるようだ。

WORLD WIFIのホワイトペーパーはこちら

セール自体のソフトキャップが3,500,000ドル、ハードキャップが25,000,000ドルとなっている。合計で258,000,000トークンが売りに出される。

セールスキームとコスト構造は以下のようになっている。

セールは今月18日から予定されているがすでにプレセールがスタートしており15%のボーナスが付く。取引所への上場は5月を予定している。

WORLD WIFIの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。

 

調査目標からユーザビリティテストシナリオを作成する、7つのステップ

https://u-site.jp/alertbox/ux-research-goals-to-scenarios

よく考えてみると非常に勉強になるステップ。。以外に出来てそうで出来てない。。。

以下引用>

7つのステップ

  1. 最も重要なユーザータスクを決定する。
  2. システムのどの部分が最大の問題であるかを発見する。
  3. 1と2で抽出した項目をグループ化し、そうした課題をユーザーや組織に対する重要度順に並べ替える。
  4. 重要度の高い課題のそれぞれについて、情報を問題ステートメントにまとめる。
  5. 問題ステートメントのそれぞれについて、調査の目標をリストアップする。
  6. 調査の目標のそれぞれについて、参加者のアクティビティと行動をリストアップする。
  7. 目標のグループのそれぞれについて、ユーザーシナリオを書く。

 

 

米国ワイオミング州で「資産税から仮想通貨を免除する」法案が提案

米国ワイオミング州で「資産税から仮想通貨を免除する」法案が提案

ワイオミング州で新たな法案「仮想通貨税の優遇制度」

先日、アメリカの北西部にあるワイオミング州で仮想通貨税の優遇措置がとられる法案が提案された。この法案が成立すれば、個人や企業が保有する仮想通貨を資産として会計処理にかかる税金が免除されるというのだ。2月16日に「ワイオミング上院議案111」は提出された。

アメリカに拠点を構える企業はもちろん、世界中に点在する仮想通貨関連の企業がこの州に向けて移動を考えるかもしれない。ワイオミング州は仮想通貨に課す税金を免除することで、仮想通貨に投資している方や仮想通貨関連のスタートアップ企業を呼び込む狙いもあるようだ。

ワイオミング州は、米国の州のなかで所得税を課していない少数の州の一つ。仮想通貨で似たようなアプローチをすることによって、ブロックチェーン企業を燃料とする経済ブームが起こりやすくなる。そのブームがすでに広がりつつあるという。

一方、IRS(アメリカ合衆国内国歳入庁:Internal Revenue Service)は、ビットコインとその他の仮想通貨を資産として分類し、課税の対象としている。ワイオミング州は、投資家(個人と企業を含む)のために、税制の1つの層を、取り除くことになるだろう。

仮想通貨の定義とは?

1)仮想通貨はデジタル資産価値を保有するもので、決済の際に利用することができる。
2)アメリカ合衆国の政府によって認められた法定通貨ではない

ワイオミング州はブロックチェーンにフレンドリー

「ワイオミング上院議案111」は、ブロックチェーンにフレンドリーな州としての立場をとり、より多くのブロックチェーンスタートアップ企業を引き寄せると考えられる。ワイオミング州で最も重要な産業は石炭鉱業とされており、州内総生産の約4分の1を占めているほど。電気代が安く、マイニング事業にも向いている州なのだ。

「ワイオミング上院議案111」が提出される以前にも、ブロックチェーンのスタートアップ企業(カナダのBlockCrushrを含む)に集まってきていた。

ワイオミング州は、「ワイオミング上院議案111」に加えて、オープンなブロックチェーン上のデジタルトークンが州の証券や送金の法律の対象とならないようにする法案「HB0070」も推進している。

米アリゾナ州ではビットコインと特定のアルトコインでの(所得税)納税を可能にする法案が議論されていたが、2月上旬に可決したばかり。この法案はまだ引き続き下院を通過しなければならないが、アメリカが仮想通貨を税金に組み入れる動きが増えるほど、銀行システムの弱体化の可能性が高くなるだろう。

参考:CCN

 

貴乃花親方、2018年は相撲よりもプライベートに危険信号!?――占星術が示す有名人の仕事運

 こんにちは、占い師・キャリアカウンセラーの早矢です。今回は、日本相撲協会との一連の騒動で脚光を浴びている貴乃花親方の運勢を、仕事中心に占ってみました。  理事候補選で落選してしまった貴乃花親方ですが、逆襲はあるのでしょ […]
 

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

 世の中にはいろんな学習法が存在します。  テキストを何度も読み直す、覚えたいところにアンダーラインを引く、語呂合わせで単語を覚える……。  誰もが一度は試しただろう定番のテクニックばかりですが、実はいずれも科学的には否 […]
 

Riot Blockchain Gets Hit by Another Shareholder Lawsuit

Riot Blockchain Gets Hit by Another Shareholder Lawsuit

After changing its name to Riot Blockchain in October to include the word “blockchain,” the public company watched its stock skyrocket from $8 a share to more than $38 during a cryptocurrency rally at the beginning of the year.

The first significant problem was the company did not have any real focus on blockchain technology. Before October, Riot was known as Bioptix, a maker of diagnostic machinery for the biotech industry. The company also changed its ticker symbol to RIOT from BIOP.

Another problem was that key shareholder Barry Honig got caught with his hand in the cookie jar, selling off a big stake of his shares at $38 per share after the name change.

On February 22, 2018, law firm Robbins Geller Rudman & Dowd LLP announced it was filing a class-action lawsuit against Riot. The complaint charges Riot, along with Honig and company CEO John O’Rourke and CFO Jeffrey McGonegal, with securities violations.

Specifically, the charges claim that despite its lack of blockchain expertise, Riot changed its name to generate investor enthusiasm to further an insider scheme that would allow Riot’s controlling shareholders to dump their stocks at grossly inflated prices.

At least two other lawsuits have been filed against Riot and its principals, charging them with securities violations and false and misleading statements.

These lawsuits follow a scathing investigation into Riot by CNBC on February 16, 2018, that raised questions about the company’s business model and Honig. In the wake of that report, shares tumbled 33 percent to $11.46. It is likely these class-action lawsuits may be the first of many to come against Riot.

Shady Activities

On October 4, 2017, Riot adopted its new name and headed off in a radical new business direction, announcing it was going to invest in and operate blockchain technologies with a focus on Bitcoin and Ethereum. The company had no previous business in blockchain technology, yet in press releases, Riot portrayed itself as a seasoned player in the space.

“At Riot Blockchain, our team has the insight and network to effectively grow and develop blockchain assets,” said Riot’s then-CEO, Michael Beeghley, in a statement at the time.

The company has a history of questionable activities. In December, Riot began purchasing cryptocurrency mining equipment. But rather than purchasing from the manufacturer or other suppliers, the company paid more than $11 million for equipment worth only $2 million by purchasing it through a newly formed shell entity.  

Honig is also charged with exercising outside influence over the company’s business operations. Beginning in April 2016, long before the company changed its name to Riot, Honig began purchasing shares in the company. By December 2016, he had become the company’s largest shareholder, owning more than 11 percent of the company. He used that influence to nominate several new directors to the board, including O’Rourke.

In addition to insider selling after the name change, other worrying signs about the company included: Riot lost two auditing firms in just one year, and two annual stockholder meetings were postponed at the last minute. Also, some of Riot’s business deals involved investors who had worked on similar deals together in the past, raising questions about the company’s governance.

“All Aboard”

Riot is not the only company to have jumped onboard the rename-your-company  “blockchain” bandwagon. Several other companies have also rewritten their names to cash in on the blockchain and cryptocurrency craze.

In December, the Long Island Iced Tea Corporation, a New York–based company that makes iced tea, rebranded itself as “Long Blockchain.” Its company shares rose 300 percent as a result. In January, legacy photography company Kodak announced the launch of KODAKCoin, a “photo-centric” cryptocurrency for photographers, and its stock went up 80 percent within hours.

Lawsuits like the ones now piling up against Riot stand as a reminder that a name change is not enough — a company needs real blockchain experience and technology and a solid business plan behind it before adding “blockchain” to its name.

This article originally appeared on Bitcoin Magazine.