トレンドのトレンドをわかることが大事です。

Regulatory Clarity Should Lead to More Capital Investment in Crypto: Panel

Regulatory Clarity Should Lead to More Capital Investment in Crypto: Panel

The Distributed Markets conference took place in Chicago on April 23, 2018, and featured an array of blockchain and financial experts working to shed light on opportunities and changes happening in the cryptocurrency space.

Among the main goals of the conference was to educate attendees on how they could integrate blockchain technology into their businesses, thereby increasing cost-effectiveness and overall efficiency. A Blockchain Academy workshop and a hackathon were also available to give developers and entrepreneurs a chance to study blockchain macro cases and showcase their skills.

In a panel moderated by Joseph Bradley, entitled “Crypto Regulation: Striking a Balance Between Compliance and Growth,” speakers Colleen Sullivan of CMT Digital; Illinois state regulator Sean T. O’Kelly; Haimera Workie, senior director of FINRA’s Office of Emerging Regulatory Issues; and Tennessee blockchain lawyer J. Gray Sasser of Frost Brown Todd addressed the topic of regulation.

Perhaps the biggest issues hitting the crypto arena are regulation, and how tokens and virtual assets should be classified. The Commodities Futures Trading Commission (CFTC), for example, has jurisdiction over commodities like bitcoin and lists bitcoin futures on regulated interest exchanges.

The Securities and Exchange Commission (SEC), however, which works to regulate securities and all derivatives of securities, is now seeking to label all tokens distributed through Initial Coin Offerings (ICOs) as such, which could subject them to strict regulatory tactics that could seriously decrease their values. The SEC has since issued several subpoenas to virtual asset enterprises to better understand how certain tokens have been issued and marketed.

Sullivan was quick to tackle this issue. “All securities have to be traded on registered securities exchanges in the United States,” she told the audience.

She explained that the SEC first weighed in on cryptocurrencies in July of 2017, when it released an investigative report on the DAO, stating that certain tokens fell under the “securities” category per specific regulations. Presently, there are over 1,500 separate virtual tokens, and none are traded through securities exchanges the way they should be, as suggested by SEC standards.

Sasser also offered his insight, suggesting that if a token is pre-sold or offered through an ICO, it should technically qualify as a security unless it meets a certain level of functionality.

One of the primary arguments among those who stand against tokens classifying as securities is that they are used as payment methods by those investing in new coins, and, therefore, qualify as “utility tokens” due to their practical nature. Thus far, the SEC has been hesitant to accept this viewpoint.

Sasser said the issue and the industry itself is clouded with uncertainty.

“I’ve been doing these panels for a long time, and usually, my first answer to a lot of these kinds of questions is ‘I don’t know,’” he joked.

For the most part, Sasser believes the SEC has been clear in stating where tokens should fall, though they’ve failed to guide distributors along the way.

Sullivan further mentioned that states follow separate rules when it comes to governing cryptocurrency activity. Illinois, for example, has long refused to recognize cryptocurrencies as valid means of money transmission, but, according to fellow speaker O’Kelly, state regulators are beginning to reverse their overall views and are now attempting to attract blockchain startups and build Illinois as a possible tech hub.

Discussing “regulatory gaps” in the crypto arena, Sullivan explained that CFTC Commissioner Brian B. Quintenz is calling for the industry to “self-regulate,” as Congress has not yet taken the reins. She said that Quintenz is asking that blockchain and cryptocurrency leaders impose a self-regulatory organization that can enforce strict standards for other industry members to follow.

Sullivan mentioned that steps toward such an association have already begun, with a recent example coming from Tyler and Cameron Winklevoss of New York’s Gemini Exchange. They have proposed a Virtual Commodities Association, an industry-sponsored, self-regulatory organization for the U.S. virtual currency industry, which will set forth practical standards regarding how an exchange should be officiated, among other goals.

Sullivan believes Congress will eventually get involved, but suggested that maneuvers like these could cover the main ground until then.

In the meantime, the blockchain is presenting several new opportunities for recording data. O’Kelly, who says the government will always be indirectly involved in the verification process of blockchain transactions, says state representatives were recently approached by an organization that wanted to track the entire life of a car on the blockchain, including the change of owners along the way. That change of title would entail government-based authorization.

Sullivan concluded the discussion by explaining that, while the crypto market lacks solid regulation, the influx of institutional capital entering the space should eventually lead to a prime broker’s presence, thus paving the way to further stability and efficiency.

“I think as the regulatory environment becomes more clear in the next 12 months, we’re going to see a lot more capital,” she explained. “Right now, most changes in the industry have applied to retail.”

Note: Distributed Markets is an event held by BTC Inc, the parent company of BTC Media and Bitcoin Magazine.

This article originally appeared on Bitcoin Magazine.

 

電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場規模が16.5兆円に成長。国内CtoC-EC市場も拡大~

http://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180425001/20180425001.html

いつもながら固い報告者なんだけどそれは置いといて、B2C、C2C、B2Bなどもあるのだがまだまだシェアの数字は低い。

可能な限り、ネット経由の売り上げを50%ぐらいとかそれ以上にもっていって、その決済はスマホやウエアラブル端末経由の仮想通貨などを中心に電子マネーで、そのバックボーンはブロックチェーンで、できれば可能な限り今の紙幣やクレジットカードのような旧型の決済システムは使わないということになればいいんだが。思い切って国主導でこの数年でシェア50%を目指すみたいなことをやればね。一気に日本もいろいろ進むようになるとも思うんだけどね。。。。

 

 

 

Promoted: Plutus Is Pursuing the “Holy Grail” of Payment Innovation

BTC Dinner


While many people see cryptocurrency as a speculative investment, many of the new asset class’ earliest adopters believe they could be much more promising for everyday currency use.

Championing the motto “Spend Crypto, Anywhere,” the U.K.-based project, Plutus, is leading the charge in delivering a worldwide payments solution to make it easier for cryptocurrency users to spend money with merchants.

Through this payment solution, online purchases can be made using either Plutus’ Tap & Pay app or physical debit card. With Plutus, prepaid funds can be added by using the pluton token (PLU), Bitcoin, Ethereum and other cryptocurrencies.

Steering clear of “innovation for innovation's sake,” Plutus is cutting a new edge in the payments business by making emerging technology tangible and practical for the everyday user. The aim is to make transactions more seamless by offering a trusted and secure mechanism for converting crypto into fiat currency and vice versa. Consumers can spend without being subjected to massive fees while benefiting from additional incentives such as the pluton rewards.

These rewards are the signature piece for Plutus’ decentralized loyalty system. Users will get up to 3 percent in pluton as a loyalty reward for every deposit they make in Bitcoin or Ethereum. Since pluton is the preferred currency of the platform, users who transact with pluton are exempt from all fees. 

“We have created both the first decentralised cryptocurrency-to-fiat loading gateway, as well as the first loyalty rewards token,” said Plutus CEO Danial Daychopan. “Unlike frequent flyer miles and similar centralized bonus programs, this means that customers have full freedom regarding what they do with the rewards they collect, as well as the confidence that their cryptocurrencies are safe on the wallets or cold storage of their choosing.”

Three Layers, One Payment Solution

The Plutus model is composed of three core solutions:  

Tap & Pay is Plutus’ Android and iOS app for making purchases with Bitcoin and Ethereum at any contactless point of sale machine.

The Plutus Debit Card can be used to make payments at any physical debit card terminal worldwide, as well as online. The card can be loaded and reloaded through Plutus Tap & Pay, and it supports contactless (NFC) payments.

PlutusDEX is the company’s peer-to-peer, smart contract exchange that fosters liquidity for the Tap & Pay app. It’s here where PlutusDEX traders can escrow fiat currency such as the British pound (GBP) or the Euro (EUR) to purchase Bitcoin and Ethereum directly from Tap & Pay users.

One of the key benefits of PlutusDEX as a decentralized gateway is that user cryptocurrencies never have to be stored. This means that there is no central repository where the coins are housed as in the case of a centralized exchange. Instead of a central hot or cold wallet, the PlutusDEX order-matching engine allows customers to transact directly between each other.

In essence, Plutus never moves escrowed fiat funds to a customer’s card until that person has successfully sent a crypto transaction. This transaction is then recorded on the public blockchain and confirmed by miners. The crypto is routed directly to the buyer’s wallet of choice before the fiat is released from escrow to the card. 

Company leaders said that Plutus will appeal most to freelancers, entrepreneurs, miners, traders, digital nomads, developers and tourists. As cryptocurrency continues to grow and mature, Plutus hopes to expand its audience to anyone with a smart device.

This promoted article originally appeared on Bitcoin Magazine.

 

【使い方説明書付】ツイキャス:モナコイン・ビットコインに対応を発表

ツイキャス モナコイン対応

モイ株式会社が運営するライブ配信サービス「ツイキャス」が、仮想通貨ビットコインとモナコインに対応することを発表しました。ツイキャスとは現在全世界に2,000万人以上の登録ユーザーがいるライブ配信サービスです。本日時点ですでにモナコインには対応済みのようです。

https://twitcasting.tv/

今回、ツイキャスに追加された機能は、下記の3つになっています。

ツイキャス上でのウォレット機能
アイテム機能を通じてユーザー同士で仮想通貨のやり取り機能
ツイキャス内のポイント購入に関しての仮想通貨決済機能

筆者の方で、調べられる範囲になりますが、ウォレットへの入金方法、アイテム購入方法などを調べてみました。

ツイキャス モナコインウォレット表示

ツイキャス ウォレット

アカウントメニュー内に「仮想通貨とウォレット」というのがあるので、そこをタップしてください。そうするとモナコインウォレット(QRコード)が表示されます。ご自身のモナコインをこちらのアドレスに送付することで、ツイキャス内で利用が可能になります。

ツイキャス内でのアイテム・ポイント購入方法

ツイキャスアイテム購入

ウォレットにモナコインを入れることで、「お茶」や「ツイキャスポイント」を購入することが出来ます。

ツイキャス アイテム・ポイント利用方法

アイテム利用方法

こちらは、ツイキャスVIEWER側ですが動画配信してるユーザーに対して、お茶などアイテムをプレゼント(投げ銭)をすることが出来ます。利用してみて、非常に使いやすい作りになっていたので、モナコインをお持ちの方は一度、試してみると良いでしょう。

参考:https://about.moi.st/ja/2018/04/25/wallet/

 

Bitnation:本日セール最終日、現在1億円以上を調達

BitnationはPATトークンのセールで1億円以上を調達している。セールは本日最終日となっており、現在のレートは65217 PAT/ETHとなっている。

Bitnationのパンゲア管轄区域は、Pangea Arbitration Token(PAT)によって広範に類似した条件で運営される。 PATは、ネットワークへの貢献と維持、そしてその有用性の向上、良い評判の確立などの報酬として発行される。これにより、ユーザーのスティッキ性が確保され、PATトークンの価値を高め、パンゲアプラットフォームの実用性と信頼性を高めることで、ユーザーに利益をもたらすネットワーク効果が生まれる。パンゲアで人とプロジェクトが増えれば、PATの流動性が高まる。

Bitnationのセール公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。

 

富士通BSC、デジタルコンテンツ流通を容易にするブロックチェーン活用プラットフォーム実証実験開始

 株式会社富士通ビー・エス・シー(本社:東京都港区、代表取締役社長:小島 基、以下 富士通BSC)は、日本文化が誇るキャラクターやデザインなどの知的財産の権利を保護した形で、そのデジタルコンテンツをサイバー空間上で流通させるプラットフォームに関する実証実験を2018年4月27日から開始。

本プラットフォームではブロックチェーン技術を活用しており、すでに同技術を活用した実績を有する株式会社INDETAILと共同で研究開発を実施。

【開発の背景】
日本では独自の文化の中から漫画やアニメ、ゲーム等、海外においても人気の高いコンテンツが多く生まれています。また、そのような素晴らしいコンテンツを保有する企業や自治体、個人が数多く存在しています。一方で、不正なサイト等では著作者の権利を無視した形でコンテンツが流通するような問題も多く起きています。 このような状況の中、企業や個人が保有するコンテンツを様々な分野で利活用出来るようなサービスを提供することは、日本産業の健全な発展を促すことに繋がると考え、検討を行ってきました。

■本プラットフォームの特徴

コンテンツの利用目的毎にコミュニティを創出
本プラットフォーム上では、利用目的毎にコミュニティを創出し、コンテンツの所有者(コンテンツホルダー)や、コンテンツを利用した商品・サービスの提供者、サービス利用者が参加します。各コミュニティには独自の規約が設けられ、その規約に沿って参加者間でデジタルコンテンツの流通が行われます。

ブロックチェーンによる取引履歴の管理
コンテンツホルダーの権利保護を行う為に、データ改ざんが難しいブロックチェーン技術を活用し、取引履歴を残します。コンテンツに関するデジタルデータの流通記録は全てブロックチェーンの台帳に記録される為、改ざんが困難となります。これにより、本プラットフォーム上で著作権を保護した形でデータの2次利用、3次利用が可能となります。

スマートコントラクトによる利益配分
ビジネスモデルとして、スマートコントラクトにより、コンテンツの利用量に応じた適正な報酬がコミュニティ参加者に支払われる仕組みを提供いたします。


本プラットフォームのイメージ図


■実証実験の概要

 今回、本仕組みを利用し、神戸市で開催される市民参加型イベント「078」(ゼロ・ナナ・ハチ)において、一般来場者を対象に、企業や自治体、個人デザイナー等が持つコンテンツを利用したネイルサービスを提供する実証実験を実施。

実証期間
2018年4月27日(金)から28日(土)
会場
デザイン・クリエイティブセンター神戸 (〒651-0082 神戸市中央区小野浜町1-4)
実証方法
企業や自治体、個人デザイナー等が持つコンテンツを利用したオリジナルデザインをプリント出来る新しいネイルサービスを一般来場者に体験していただきます。来場者は実証実験用に開発した専用のアプリケーションから、好きなデザインデータを選択・購入し、さらに株式会社BITが開発した自動ネイルプリンタ「INAIL」との連携機能により、購入したデザインデータをプリンタへ転送し、自身の指にプリントすることが出来ます。
実証内容
今回の実証実験を通して、自動ネイルプリンタと連携する際の機能や運用のあり方、またコンテンツを利用したサービスの消費者ニーズを確認し、今後の商用展開の実現可能性について検証を行います。

▼デジタルコンテンツ流通を容易にするブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験を開始
▼富士通ビー・エス・シー公式サイト
▼INDETAIL公式サイト

 

バルト諸国で増え続けるビットコイン(BTC)決済、独自トークンも発行へ?

バルト諸国で増え続けるビットコイン(BTC)決済、独自トークンも発行へ?

バルト諸国(バルト三国ともいう)とは、エストニア共和国、ラトビア、リトアニアといったバルト海の東岸やフィンランドの南と南北に並ぶ3つの国のことをいう。このバルト諸国は、現状は他国に比べて規制が厳しくなく、仮想通貨が急速に普及されている。

不動産やオンライン決済、サービス産業に至るまで、様々な企業が仮想通貨による決済サービスを提供している。さらに、バルト諸国の一部の企業は既に、そういった技術を世界中に展開している。

ビットコイン(BTC)でコーヒーは当たり前、不動産も仮想通貨決済へ

エストニア共和国、ラトビア、リトアニアでは、例えばコーヒーを買う時に、支払いをビットコイン(BTC)で行なうということは特別なことではないという。レストランやカフェ、バー、ホテル、お土産屋、さらには整形外科の診療所といった様々なところで、仮想通貨決済の導入が進んでいるのだ。

ロシア新聞社のノーヴァヤ・ガゼータによると、土地や住宅といった不動産業の売買でも仮想通貨決済を導入したということも報告されている。リトアニアの首都であるヴィリニュスの近くで、現在建設中の土地や家が、もうじき購入できるようになるというのだ。

仮想通貨価格での販売は、ラトビアそしてエストニア共和国でも行われている。ラトビアにある「Baltic Sotheby’s International Realty」という不動産業者が、ラトビアの都市であるユールマラにあるペントハウスを出品中だという。エストニアでは、不動産業者の「LAAM Kinnisvar」がマールドゥ(町)にあるアパートを出品中である。同社が建設した44棟のうち、売りに出された分の3分の1ほどは既に売却されている。次のビットコインを使った取引は来週(2018年4月30日以降)に行われる見通しだ。

ファッションブランドでも仮想通貨で決済が可能に

コインマップ(Coinmap)によると、ビットコインで支払いができる店舗は、ヴィリニュス(リトアニア首都)に30ヵ所、タリン(エストニア首都)に26ヵ所、リガ(ラトビア首都)に21ヵ所あり、コインATMレーダー(Coinatmradar)によると、ビットコインATMがすでにエストニアとリトアニアには用意されているという。

現在、仮想通貨を導入している企業のほとんどがサービス業(レストラン、カフェ、バー、お土産屋、ホテルなど)だが、他の業界もビットコイン決済を導入するかどうかを積極的に検討しているようだ。

およそ1ヵ月前、日本でも人気のファッションブランド「ベネトン」のフランチャイズである「United Colors」が、仮想通貨決済の導入計画を発表した。ヴィリニュスの店舗では既に、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ダッシュ(DASH)、ネム(NEM)、スチーム(steem)を、Coppay(仮想通貨の決済サービスを提供する企業)と提携することで決済に対応しているという。

ベラルーシに拠点を置く仮想通貨決済システムを構築する会社は、決済時に法定通貨と仮想通貨の価格(情報)を複数のマーケットから仕入れることにより、価格の信頼性を高めている。

United Colorsの共同オーナーであるのヴィリニュスの前市長 Arturas Zuokas氏は仮想通貨の決済について「市民たちはみな、仮想通貨のシンプル性に魅かれている。使うときに特別な訓練をする必要もない」と述べている

さらに、リトアニアではすでにCoppayによって提供されているサービスと同等のものを開発している会社がある。その会社である「コインゲート(Coingate)」は、オンライン決済業務の問題を解決するフランスの企業「プレスタショップ(Prestashop)」と業務提携を結んだ。この関係によってリトアニアは8万ものマーチャントに達するサービスプロバイダーになることを計画している。

規制が緩いビットコイン(BTC)の現状

バルト諸国では現在、包括的な規制はされていない。ラトビアではすでに仮想通貨の取引によって多額の税収が見込めることを認識している。リガ(ラトビア首都)の有力者は、ビットコインが通貨の橋渡しの役割を担うだろうとしている。結果的に、仮想通貨取引によって出た利益に20%の税金がかかる見通しだ。

仮想通貨産業を牽引しているエストニア共和国は、自国の仮想通貨を発行できないか思案している。エストニア共和国の首都のタリンでは、欧州中央銀行が難色を示す中、この考えを実現しようと動いている。

政府はエストニア共和国の公式な仮想通貨トークンを「エストコイン(estcoin)」として発行しようとしている。いずれにせよ、エストニアは仮想通貨の発行計画を進める決議をしている。

リトアニアの中央銀行は、仮想通貨に対して批判的な意見があった。しかし先週、リトアニア銀行の高官は「仮想通貨の機能や役割を認識せずにいることは、私たちの未来をよりよいものにはできなだろう」と述べた。彼らも仮想通貨に対して制度を整えるための議論を始めたというのだ。

(翻訳者:RAVA)

参考:Bitcoin.com

 

ナスダック、仮想通貨取引所ジェミニとのパートナーシップを発表

米証券取引所ナスダックは、仮想通貨取引所を運営するジェミニとパーナーシップを組んだことを公表した。ナスダックのアディーナ・フリードマン最高経営責任者(CEO)は、将来的に仮想通貨の取引プラットフォームを提供することを示唆している。

フリードマンCEOは、仮想通貨市場が成熟するのは時間の問題だとの見解を示した。またICOについては米証券取引委員会(SEC)の対応方針を支持するとした。同氏は「ICOは証券であり、証券法によって規制されるべきだ」とCNBCのインタビューに答えている。

ジェミ二は今回のパートナーシップにより、ナスダックが提供するSMARTS Market Surveillance Technologyと呼ばれる市場の監視システムを活用できるようになる。SMARTSは、市場参加者の動きを監視し、不正な取引や価格操作などの動きを検知する。

監視システムは、ジェミニが提供するBTC/USD、ETH/USD、ETH/BTCペアに適用される。ジェミ二は、取引プラットフォームの安全性や透明性を高め、仮想通貨市場の成長につなげたい考えだ。

キャメロン・ウィンクルボスCEOは、ジェミ二の公式サイトでSMARTS導入について以下のように語っている。

「我々は、個人投資家や機関投資家が取引を行う際に安全であると感じられる市場を提供しなければならない。伝統的な金融機関が活用している監視システムを導入することは、我々の目的を達成するための助けになるはずだ」

ジェミ二はビットコインETFの申請を長年行ってきたが、いずれもSECによって却下されてきた経緯がある。しかしナスダックとパートナーシップを組み市場参加者にとって公平性のある市場を形成することができれば、SECがビットコインETFを認可する日も遠くないのかもしれない。


Cointelegraph